アサイーの美容効果
  • HOME
  • アサイーの美容効果
  • アンチエイジング・肌の老化を防ぐ

アンチエイジング・肌の老化を防ぐ

アンチエイジング・肌の老化を防ぐ

アサイーベリーに多く含まれる「ポリフェノール」にはアンチエイジングや肌の老化を防ぐ効果があります。

ちなみに、「ポリフェノール」で有名なものはワインですが、ポリフェノールはワインだけに含まれているわけではありません。ポリフェノールを多く含む物の特長として、渋味や苦味が強いもの、その植物の色が濃いものがあげられ、その中でも表皮、種子に多く含まれています。

ポリフェノールは高い抗酸化作用がある

ポリフェノールは高い抗酸化作用がある老化現象(お肌のしみやそばかす、しわ等)は細胞内に発生する活性酸素が大きな原因のひとつといわれています。
体が酸化すると、血管が動脈硬化を起こしたり、消化器官に潰瘍ができたり、またガン等の成人病を引き起こしたりもします。

この体内の酸化を防ぐのに役立つ成分がアサイーベリーに含まれている「ポリフェノール」です。昔の人は、春になると菜の花やふきのとうなどの野菜を食べておりましたが、これらの野菜にはポリフェノールが豊富に含まれていて、紫外線が強くなる春からの季節に摂取するのに非常に良い野菜なのです。

また、ポリフェノールは増えすぎた活性酸素を除去して、動脈硬化を予防することで、それに起因する老化現象や心筋梗塞、脳梗塞を防ぎ、活性酸素が正常な細胞を攻撃して起こるガンの予防にもつながります。

科学的な面からアサイーのポリフェノールを分析

科学的な面からアサイーのポリフェノールを分析アサイベリーに含まれるポリフェノールはシアニジン-3 グルコサイド(C3D)と呼ばれる種類です。これには、トロロックス(Trolox=ビタミンEの類似体で抗酸化力を測る際の比較対照として使用される)や赤ワインに含まれるポリフェノール(マルビジン-3 グルコサイド)の3.5倍の抗酸化力があります。

ポリフェノールには、「デルフィニジン」、「シアニジン」、「ペツニジン」、「ペオニジン」、「マルビジン」の種類があります。アサイベリーには、この中でも抗酸化作用が高い「シアニジン」が多く含まれています。 「シアニジン」は分子構造が小さく素早く吸収されることから、即効性があるといわれています。

赤ワインや一般のブルーベリーに多く含まれているのは「マルビジン」です。抗酸化力が高いといわれるブルーベリーと比べても、ポリフェノールの含有量を比較するとアサイベリーの方が多いのです。

このような方にオススメ

  • 肌荒れが気になる方
  • 夏の紫外線対策を考えている方
  • 肌の老化が気になる方

モナヴィーのアサイー製品一覧

サイトマップ